忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コララインとボタンの魔女3Dナイトメア・ビフォア・クリスマスのヘンリー・セリック監督が贈る、想像を超えた新しいファンタジー。その独特な世界観・動き・質感を誰しも愛せずにいられないストップモーション・アニメの最高峰傑作。



予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内
ストーリー
オレゴン州に引っ越したばかりの少女コラライン。両親は仕事ばかり、友達もいないし、毎日が退屈で最悪だ。そんなある日、コララインは新しい家に秘密の小さな扉を見つける。それは、驚くべき“もう一つの世界”への入口だった…。扉の向こうでコララインが見つけたのは、心躍るサーカスや独創的なミュージカルのショー、溢れんばかりの花が咲き誇る美しい庭、そして優しくて、楽しくて、コララインをとても可愛がってくれるもう一人のママとパパだった。ただ一つだけ奇妙なのは、ママもパパも、目がボタン…。「こっちの世界の方が、全然素敵!」コララインは、すっかり扉の向こうの世界に心を奪われる。しかし、元の世界に戻ってみると、家族は姿を消してしまっていた…。

スタッフ
  • 監督・脚本:ヘンリー・セリック

声の出演
  • 榮倉奈々
  • 劇団ひとり
  • 戸田恵子


関連リンク

主な上映劇場
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

コララインとボタンの魔女3D

ナイトメア・ビフォア・クリスマスのヘンリー・セリック監督が贈る、想像を超えた新しいファンタジー。その独特な世界観・動き・質感を誰しも愛せずにいられないストップモーション・アニメの最高峰傑作。 ...

『コララインとボタンの魔女 3D』

(原題:Coraline) ----これって、前から観たがっていたアニメだよね。 でも、どうして苦手な3Dを選んだの…? 「それはいろいろと理由が…(汗)。 でも、いずれにしろ日本ではこの映画は全国すべて 3Dで公開されるらしい。 まあ、二番館になったときには分からないけどね…」 ----ふうん。でも、どうしてそんなに観たかったの? 珍しく、黒猫がいい役だから? 「(笑)。それも確かにそうだけど、 監督が『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』というよりも、 ぼくの好きな『ジャイアント・ピーチ』のヘンリ...

映画「コララインとボタンの魔女 3D(日本語吹替版)」感想と採点 ※ネタバレあります

映画『コララインとボタンの魔女 3D(日本語吹替版)』初日第1回目にて鑑賞。観客は7~8名。 採点は★★☆☆☆(5点満点で2点)。今回の3D吹替版は1点だが、2D字幕版だったら個人的にこう言う雰囲気は好きなんで3点付きそうだから、中間を取って2点。 ざっくりストーリー 田舎に引っ越したちょっぴり我がままで偏屈な少女コラライン。両親は毎日仕事ばかりだし、友達もいないし、退屈な日々を過ごしている。ある日、新居の壁に小さな開かずのドアを見つける。恐る恐るそのドアを開けると、そこには現実と間逆...

映画「コララインとボタンの魔女 3D」@TOHOシネマズ川崎

 MovieWalkerさん主権の試写会だ。客入りはほぼ満席、作品柄小さなお子さんも多数来場している。   コララインとボタンの魔女 映画の話  コララインは両親と新しい街に引っ越して来るが、二人とも仕事が忙しくてちっとも自分にかまってくれず不満に思っていた。一...

コララインとボタンの魔女 3D字幕版

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督が 同名ファンタジー小説を3Dで映画化したストップ・モーション・アニメ。 偶然迷い込んだパラレルワールドに夢中になるヒロインがやがて訪れる 恐怖に直面しつつも両親を救いだす様を独特のタッチで描く..

コララインとボタンの魔女 3D

同名のベストセラー小説を『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督が3Dアニメーションで映画化。魔女が作ったパラレルワールドに迷い込んだ少女の冒険と成長の物語だ。日本語吹替え版では主人公を榮倉奈々が、他に劇団ひとりや戸田恵子が声優を担当した。字幕版の主人公はダコタ・ファニング。コンセプトアートを担当した上杉忠弘がアニー賞美術賞を獲得している。

[映画『コララインとボタンの魔女/3D』を観た]

☆仕事の前に無理して観に行った。  良かった。  今年のここまでで、一番に満足のいく作品だった。  人形アニメーション、その3D作品だ。  ただ、初めて見たTOHOシネマズ南大沢(だからかは分からないが)での3D映像は最低だった。  遠近感が逆だったり、焦点の合い方の、クリアーな部分とぼやけた部分が、理解できない視覚上の優先順位になっていた。  なんなんだろ?  他の映画館でも、この作品の3D映像は、おかしいのだろうか?  まあ、「カリガリ博士」みたいな歪みと思えばいいか!  いや、良く...

コララインとボタンの魔女

ストップモーションアニメと3Dの組合せが個性的なダーク・ファンタジー・アニメーション。家族で引っ越してきたばかりの少女コララインは、忙しい両親にかまってもらえず、まだ友だちもいない。退屈していたある日、家の中に小さな秘密の扉をみつけ中に入る。現実とそっく....

コララインとボタンの魔女 3D

このラインでは不満足 【Story】 コララインは両親と新しい街に引っ越して来るが、二人とも仕事が忙しく、一切かまってくれず不満に思って...

コララインとボタンの魔女3D / Coraline

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリック監督最新作。 本国の公開から1年近く遅れてやっと日本公開。 「ナイトメア〜」はコアなファンも多く、原案・原作とキャラクターがティム•バートンなので ティムバートンが監督した映画だと勘違いしてる人も多いみたい? わたしはナイトメアは映画ってより、ダニー・...

コララインとボタンの魔女 3D

コララインとボタンの魔女 3D’09:米 ◆原題:CORALINE ◆監督・脚本: ヘンリー・セリック「モンキーボーン」「ジャイアント・ピーチ」◆声の出演: 榮倉奈々、劇団ひとり、戸田恵子 ◆STORY◆ピンク色の古いアパートに引っ越して来た11歳の少女コララインは退屈し切っ...

「コララインとボタンの魔女3D」感想

 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリック監督最新作。 築150年のボロアパートに引っ越してきたコララインは、新しい町に友達もおらず、両親は仕事が忙しくてかまってもらえないので、とても不機嫌。 ある日、壁紙の裏に小さなドアがある事を発...

コララインとボタンの魔女

この作品、気になってました。 アカデミー賞にもノミネートされてましたね。(^^)v 「目をボタンにする」というのが怖い感じ。 怖い映画は苦手ですが、 もし怖い映画でも、アニメなら大丈夫かも。f(^^;) 両親とともにピンク色の築150年と言う、 古いアパートに引っ越して

【映画】コララインとボタンの魔女…とほぼ関係無いバトンの話

本日から夜勤の私ですが、今週って間に休みを挟んでいるから、すぐに終わっちゃうんだね 割と楽に過ごせそうでホッとしているところです…まぁあくまでも多分楽だろうという段階ですが…。 ...

「コララインとボタンの魔女」

黒猫たんが活躍!
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ