忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゲゲゲの女房ゲゲゲの女房
スタッフ 監督: 鈴木卓爾
キャスト 吹石一恵 宮藤官九郎
劇場公開日:2010-11-20





予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
解説
『ゲゲゲの鬼太郎』などの漫画家、水木しげるの妻による同名自伝エッセイを「私は猫ストーカー」の鈴木卓爾監督が映画化。昭和の貧しい時代に逞しく生きた夫婦の半生を綴る。出演は「釣りバカ日誌20 ファイナル」の吹石一恵、「色即ぜねれいしょん」の宮藤官九郎、「人間失格」の坂井真紀、「必死剣 鳥刺し」の村上淳、「ZERO」の唯野未歩子など...続きを読む

ストーリー
昭和36年。島根県安来に住む29歳の布枝(吹石一恵)にお見合いの話がくる。相手は境港出身で10歳年上、戦争で左腕を失い、現在は東京で漫画を描いている水木しげる(宮藤官九郎)だった。二人はお見合いからわずか5日で結婚するが、上京した布枝が見たのは、花の東京とは程遠い底なしの貧乏暮らしであった。質屋通いも日常茶飯事、食パンの耳や道端の野草は二人にとって大切な食糧源。そして、互いに目も合わせられず、言葉もほとんど交わさないぎこちない生活が続いた。そんなある日、しげるの原稿を出版社に届けた布枝は、「暗い漫画は売れないから」と、約束の半分しか原稿料をもらうことがで... 昭和36年。島根県安来に住む29歳の布枝(吹石一恵)にお見合いの話がくる。相手は境港出身で10歳年上、戦争で左腕を失い、現在は東京で漫画を描いている水木しげる(宮藤官九郎)だった。二人はお見合いからわずか5日で結婚するが、上京した布枝が見たのは、花の東京とは程遠い底なしの貧乏暮らしであった。質屋通いも日常茶飯事、食パンの耳や道端の野草は二人にとって大切な食糧源。そして、互いに目も合わせられず、言葉もほとんど交わさないぎこちない生活が続いた。そんなある日、しげるの原稿を出版社に届けた布枝は、「暗い漫画は売れないから」と、約束の半分しか原稿料をもらうことができなかった。漫画のことも、しげるのこともよくわからない。そんな悔しさのこみ上げる布枝の前に、妖怪漫画をただひたすら毎晩遅くまで描き続けるしげるの姿があった。これほど努力をしているのだから、世間に認められないまま終わるはずがない。この努力がムダに終わるはずがない。布枝の心の中で、ある強い感情が芽生え始めていた...続きを読む

スタッフ
  • 監督: 鈴木卓爾

キャスト
  • 吹石一恵
  • 宮藤官九郎

DVD情報

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

ゲゲゲの女房

「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家・水木しげるの妻、布枝夫人の同名の自伝を、NHKの朝の連続ドラマに続いて今度は映画化。お見合い後僅か5日後に結婚し、漫画が売れ始めるまでの極貧生活を描いている。主人公・布枝夫人を演じるのは『さらば愛しの大統領』の吹石一恵。水木しげるは監督・脚本家でも活躍する宮藤官九郎が演じる。監督は『私は猫ストーカー』の鈴木卓爾。

ゲゲゲの女房

映画「ゲゲゲの女房」オリジナル・サウンドトラック漫画家・水木しげるとその妻・布枝の夫婦の半生を描く物語は、NHKの朝の連続ドラマでも人気だったが、映画は、明るくさわや ...

ゲゲゲの女房

 なにも「ゲゲゲ〜」が今年の流行語大賞に選ばれたからと言うわけではありませんが、『ゲゲゲの女房』を渋谷のユーロスペースで見てきました。 (1)本年上半期に放映されたNHKの連続テレビ...

『ゲゲゲの女房』

  □作品オフィシャルサイト 「ゲゲゲの女房」□監督 鈴木卓爾□脚本 大石三知子□原作 武良布枝□キャスト 吹石一恵、宮藤官九郎、坂井真紀、村上 淳、柄本 佑、鈴木慶一、徳井 優、南 果歩■鑑賞日 12月11日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  久しぶりに納得のいかない邦画を観てしまった。 NHKのドラマは観ていなかったが、もちろん布枝夫人の書いた原作は読んでいた。 この映画はその一部分を拡大して描いたものなのだろうが、「貧乏」という表現を...

「ゲゲゲの女房」映画的な何かを期待したが見当たらない。

「ゲゲゲの女房」★★★ 吹石一恵、宮藤官九郎 出演 鈴木卓爾 監督、119分 、2010年11月20日順次公開、2010,日本,ファントムフィルム (原作:原題:ゲゲゲの女房)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「今年の流行語大賞にもなったゲゲゲの映画版、 朝ドラを録画して見ていたので この映画に描かれていた部分で 何の映画的な見せ方というか 違いが感じられず、そのことに驚いた 作る意...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ