忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ぼくとママの黄色い自転車 [DVD] 直木賞候補にもなった新堂冬樹のロングセラー小説を映画化。父と二人暮らしの少年が、自転車に乗って、横浜から小豆島の母親を訪ねていく物語。パリでデザインの勉強中と聞かされていた母親が瀬戸内海の小さな島にいるのでは、と思うようになった大志は、父親に内緒で母に会うための旅に出る。旅の足として大志がまたがったのは、母親がくれた黄色い自転車だった。出演は、武井証、阿部サダヲ、西田尚美ら。大志を演じるのは、『いま、会いにゆきます』で竹内結子らの息子を演じ、母を慕う姿で泣かせてくれた武井証くんだ。監督は、河野圭太、脚本は今井雅子。『子ぎつねヘレン』の監督・脚本チームが再びタッグを組んだ、心温まる感動のドラマ。

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内
ストーリー
小学3年生の大志(武井証)は、父・一志(阿部サダヲ)とふたりで横浜に住んでいる。母・琴美(鈴木京香)はデザインの勉強のためパリに留学中で、週に一度届く母からの手紙が大志のいちばんの楽しみであった。しかし、ふとしたことから大志は、母がパリではなく瀬戸内海の小豆島にいることを知ってしまう。どうしても母に会わなければと思った大志は、父には内緒で小豆島に行くことを決心する。従姉妹の美緒(安部美央)の参加するボーイスカウトに行くと嘘をついた大志は、母からもらった黄色い自転車に乗り、愛犬のアンを連れて、横浜からはるか500km先の小豆島に向かって出発した。旅の先々で様々な人生を抱えた人たちと出会い、いくつかのトラブルに巻き込まれながらも大志はいつしか逞しくなっていく。やがて小豆島が近づくに連れ、大志の小さな胸は期待と不安で張り裂けそうになる。だが彼は知らなかった。記憶を失う病気を患った母が大志を愛するが故に彼の前から去ったことを……。

ぼくとママの黄色い自転車 [DVD]

amazon.co.jp

スタッフ
  • 監督: 河野圭太
  • プロデューサー: 井口喜一 / 木村立哉
  • 原作: 新堂冬樹
  • 脚本: 今井雅子
  • 音楽: 渡辺俊幸
  • 主題歌: さだまさし
  • 挿入歌: 真衣
  • 照明: 田頭祐介
  • 録音: 山方浩

キャスト
  • 武井証
  • 阿部サダヲ
  • 西田尚美
  • 甲本雅裕
  • ほっしゃん。
  • 柄本 明
  • 鈴木砂羽
  • 市毛良枝
  • 鈴木京香

関連リンク
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

ぼくとママの黄色い自転車/武井証、阿部サダヲ

わりと最近までサダヲちゃんが主演の映画だと思っていてこのタイトルを不思議に思っていたんです。何故だろう?小学生の男の子が母を探して愛犬と共に自転車で横浜から小豆島へ旅するジュブナイル・ムービーです。 出演はその他に、西田尚美、甲本雅裕、ほっしゃん。、柄....

『ぼくとママの黄色い自転車』

□作品オフィシャルサイト 「ぼくとママの黄色い自転車」□監督 河野圭太 □原作 新堂冬樹(「僕の行く道」) □脚本 今井雅子 □キャスト 武井 証、阿部サダヲ、鈴木京香、柄本 明、西田尚美、甲本雅裕、梅原真子、鈴木砂羽、市毛良枝、ほっしゃん。■鑑賞日 8月30日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 武井クン、「いま、会いにゆきます」を観てからもう5年経ったのかぁ・・・。 ほぼこのブログを始めて5年が経つんだなぁ。 武井クン、多少あのころのあどけなさは消え...

ぼくとママの黄色い自転車

新堂冬樹の『僕の行く道』を映画化した感動ドラマ。 小さい頃に別れて以来、一度も会っていない母親に会うために小豆島目指して 愛犬とともに自転車で旅にでる小学3年生の男子の姿を描く。父と二人暮らしの小学3年生の大志。母親は大志が小さいころにパリに デザインの勉..

ぼくとママの黄色い自転車(2009)

“ママおぼえてますか、ぼくのことを。愛犬アンと共に少年は小豆島を目指して旅に出た…2005年に発売されるや[涙でページがめくれない]と話題になったベストセラー「僕の行く道」を、「子ぎつねヘレン」の河野圭太監督が映画化した感動のハートフル・ストーリー” 《ある理由でずっと離れて暮らす母に会うため自転車で旅に出た少年が、長い道のりの中でさまざまな出会いや体験を経て成長していく姿と家族の絆を温かに綴る》 というわけで飲み会も終わっていい気分で山手線に乗ったものの池袋を発車する時点でまだ20時になってないでは...

『ぼくとママの黄色い自転車』 (2009)/日本

監督:河野圭太原作:新堂冬樹出演:武井証、阿部サダヲ、鈴木京香、西田尚美、甲本雅裕、ほっしゃん。、柄本明、鈴木砂羽、市毛良枝試写会場 : 九段会館公式サイトはこちら。<Story>小学3年生の大志(武井証)は、父親(阿部サダヲ)と二人で暮している。母(...

ぼくとママの黄色い自転車

大人が子供につく嘘の“よかれと思う”その理由は、実は大人の側に都合のいいものだったりする。だが、子供というのは予想以上にタフだし、真実から学ぶものは大きい。小学3年生の大志は、父親と二人暮し。偶然見た写真から、パリに留学中と聞かされた母が、本当....

「ぼくとママの黄色い自転車」

アン(ワンちゃん)が、ものすっごく可愛いかった♪
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ