忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ばかもの ばかもの
スタッフ 監督: 金子修介
キャスト 成宮寛貴 内田有紀 白石美帆 中村ゆり 浅見れいな 岡本奈月 浅田美代子 小林隆 池内博之 古手川祐子
劇場公開日:2010-12-18


予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内
解説
19歳のヒデは、年上女・額子と初体験をする。ぶっきら棒だけど率直な額子に、ヒデはのめりこんでいく。しかしある日突然、額子は一方的にヒデを捨てる。ヒデは呆然としたまま大学を卒業、就職、新たな恋もするが、虚しさだけが募っていく。いつしかアルコールに頼るようになり、墜ちてゆく。一方、額子もその頃、惨い運命の中を懸命に生きていた。そして10年後、変わり果てた姿で2人は再会する。 片腕になった額子。その姿にたじろぎながら、惹かれずにいられないヒデ。愛と優しさに、不覚にも涙がこみ上げる。忘れたくても忘れられなかった2人の10年にわたる《不器用な純愛》に、私たちの心は深く静かに震える。
19歳から29歳までのヒデを演じるのは、人気絶頂の成宮寛貴(「ララピポ」「ドロップ」)。初めて女性を知る戸惑いや悦びに、世の年上女性はほだされずにいられない。対照的に後半の、アルコール依存症になり、堕ちてゆくヒデの演技には鬼気迫るものがある。間違いなく本作は彼の代表作になるだろう。 そして、額子を演じるのは、「クワイエットルームにようこそ」「踊る大捜査線 THE MOVIE3ヤツらを解放せよ!」など、個性的な作品から人気作品まで幅広い活躍で、女優として飛躍的に成長を遂げている内田有紀。複雑な役を、しなやかに見事に演じ、まさに“実力派女優”という印象を本作で決定的なものにした。 そのほか、息子を心配しつつ大きな愛で見守るヒデの母親に浅田美代子、ヒデの新恋人役の白石美帆、そして額子の母であり、ヒデの最悪のときを温かく支えたおでん屋の女将に古手川祐子など、魅力的なキャストが出演。額子の愛犬「ホシノ」の名演も忘れがたい。
原作は、芥川賞作家・絲山秋子の同名小説『ばかもの』(新潮社刊)。映像化に挑んだのは「デスノート」のヒットメイカー、名匠・金子修介監督。どん底まで墜ちる主人公の愚かさを真正面から見据え、絲山作品のもつ原始的とも言える生命力や官能をも見事に捉え、共感と愛しさを抱かせてしまう。そして最後、一抹の清涼の風を吹かせ得た。監督は「将来、希望を持てるようにしたい、という点で絲山さんと一致した」。その結果、絲山文学と金子監督のエンターテイメント性が見事にコラボレートし、稀にみる傑作が誕生した。脚本は「プライド」でも金子監督と組んだ高橋美幸。撮影は、「蝉しぐれ」から「罪とか罰とか」「GOTH」まで、時代劇からポップな作調まで幅広く手掛ける釘宮慎治が担当。日本映画界の才能が結集した。
舞台は、東京生まれの原作者・絲山氏が5年来、居を構える群馬県・高崎市。風光明媚な田舎とは違う、どっしり現実感のあるちょっと栄えた地方都市。絲山氏によると、額子は「話し方はきついが、情に厚い」という群馬女性をイメージしているという。撮影は、白衣大観音(びゃくえだいかんのん)や達磨市など高崎市周辺から、額子の新天地・片品へ。吹割(ふきわれ)の滝、ラストシーンの渓流など、清らかで美しい自然環境は、いつまでも記憶に残る...続きを読む

ストーリー
群馬県・高崎市。 地元大学に通い、気ままな生活を送るヒデこと大須秀成、19歳(成宮寛貴)は、近所のおでん屋「よしたけ」で店の女将(古手川祐子)の娘・吉竹額子、27歳(内田有紀)と初めて出会った。 数日後、偶然同じバイト先に勤めていた額子がヒデに声をかけ、2人は再会する。再会したその日に、額子はヒデを部屋に連れ込み、半ば強引に童貞を奪ってしまう。年上女性の奔放さに戸惑いつつも、ヒデは額子の魅力にのめりこんでいく・・・。 そんな二人の別れは突然だった。 ある夜、ヒデは額子に公園の木に両腕を後ろに縛られ、下着をおろされる。そして額子は、長いキスをすると、唐突に結婚を決めたことを告げる。「遊び以外のなんだっていうんだよ」と言い放ち、ヒデをそのまま放置して去っていった。 茫然自失のヒデ。 大学卒業、就職、と環境は変わっていく。友人(池内博之)の紹介で付き合うことになった翔子(白石美帆)と暮らし始めたヒデだったが、虚しさは募っていくばかり。額子とは違う清楚で真面目な性格の祥子。虚しさを紛らわすかのように、ヒデは酒に手を伸ばした。 酒に蝕まれたヒデは会社で疎まれ、恋人や友人は去っていき、仕事を休んで部屋で酒を飲み続ける姿を見て、母(浅田美代子)は涙した。ヒデの飲む酒は増え続け、姉の結婚式では泥酔して暴れ、会社も辞める羽目に。そして、遂には飲酒運転で交通事故を起こしてしまう。 交通事故を契機にヒデはアルコール依存症の治療を受け、苦しみながらも快復していく。中華料理屋でバイトを始め、新しい一歩も踏み出した。 そんなある晩、ヒデは額子の母親と再会する。母親が語る額子。幼かった頃、そしてヒデと別れてからの惨い運命。 気づけば、額子と出会ってから10年もの年月が流れていた…。 額子に会いたい。 気持ちを抑えられないヒデは、額子が住んでいる街へ向かう。待ち合わせたバス停で佇む額子は変わり果てた姿だった。それでも、忘れたくても忘れられなかった2人の10年にわたる想いが溢れだす...続きを読む

スタッフ
  • 監督: 金子修介
  • 原作: 絲山秋子
  • 脚本: 高橋美幸
  • 製作総指揮: 植村伴次郎
  • エグゼクティブプロデューサー: 奥山和由
  • プロデューサー: 沖元良 / 中林千賀子
  • 撮影: 釘宮慎治
  • 照明: 田辺浩
  • 美術: 高橋俊秋
  • 録音: 尾崎聡
  • 編集: 洲崎千恵子
  • 音楽: MOKU

キャスト
成宮寛貴
1982年9月14日生まれ。東京都出身。2000年舞台「滅びかけた人類、その愛の本質とは…」(演出宮本亜門)でデビュー。映画デビューは「溺れた魚」(堤幸彦監督 01)。ドラマ「ごくせん」(NTV 02)、「高校教師」(TBS 03)で人気を確実にし、以降は映画、舞台、TVと幅広く活躍。主な代表作に映画「あずみ」(北村龍平監督 03)、「ララピポ」(宮野雅之監督 09)、「ドロップ」(品川ヒロシ監督 09)、舞台「魔界転生」(06)、「お気に召すまま」(04/07)、ドラマ「オレンジデイズ」(TBS 04)、「ブラッディ・マンデイ」(TBS 08)、「ヤンキー君とメガネちゃん」(TBS 10)などがある。今後の待機作は「のぼうの城」(犬童一心監督/樋口真嗣監督 11)

内田有紀
1975年11月16日生まれ。東京都出身。1992年、TVドラマ「その時、ハートは盗まれた」で女優デビュー。94年「時をかける少女」でドラマ初主演、同年「TENCAを取ろう!〜内田の野望〜」で歌手デビューを果たす。2000年には北区つかこうへい劇団に入団し、「銀ちゃんが逝く〜蒲田行進曲完結編」、「新・飛龍伝」、「熱海殺人事件〜モンテカルロ・イリュージョン」に出演。映画、TVドラマ、舞台と幅広く活躍中。近年出演作に、舞台「ジャックとその主人」(演出 串田和美)、「異人たちとの夏」(演出鈴木勝秀)。ドラマ「誰よりもママを愛す」(TBS)、「バンビ〜ノ!」(NTV)、「医龍 Team Medical Dragon2」(CX)、「イノセント・ラヴ」(CX)、「神の雫」(NTV)、「ギネ産婦人科の女たち」(NTV)等。映画「クワイエットルームにようこそ」(松尾スズキ監督 07)、「監督・ばんざい!」(北野武監督 07)、「禅 ZEN」(高橋伴明監督 08)、「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!」(本広克行監督 10)等。

白石美帆

1978年生まれ、茨城県出身。 ドラマ、映画、舞台などさまざまな分野で活躍。 主な出演作には、ドラマ「オレンジデイズ」「電車男」「どんど晴れ」「白い春」、映画「スウィングガールズ」「ベルナのしっぽ」「カフーを待ちわびて」などがある。 来年には、映画「ジーン・ワルツ」(大谷健太郎監督)などの公開が控えている。
中村ゆり 1982年生まれ、大阪府出身。 井筒和幸監督作品「パッチギ! LOVE&PEACE」のヒロイン役に大抜擢されて脚光を浴びた。同作品で2007年度全国映連賞、女優賞を受賞。 その後も、舞台では「1945」で主演、「錦繍」などに出演。映画では「呪怨 黒い少女」(09)、「パレード」(10)、「桜田門外ノ変」(10)、など幅広い役で活躍中。1月には、長塚圭史演出の舞台「浮標」の出演が決まっている。

浅見れいな
1983年生まれ、東京都出身。 テレビドラマや映画、舞台に出演し、女優としても活躍の場を広げている。 主な出演番組に、「サプリ」(CX)、「ブラザービート」 (TBS)、「ホタルノヒカリ」(NTV)、舞台「血の婚礼」、「ジェネラル・ルージュの凱旋」(関西テレビ)、「セレぶり3」(TX)に出演。

岡本奈月
1989年、9月13日生まれ。三重県出身。 02年に「ごめん」(富樫森監督)で映画デビュー。その後も「バーバー吉野」(荻上直子監督 03)、「青いうた」(金田敬監督 06)、「Life」(佐々木紳監督 07)、「風の外側」(奥田瑛二監督 07)、テレビ東京「ケータイ捜査官7」(三池崇シリーズ監督 08、09)など作家性の高い作品に続けて出演。 2010年の公開は本作以外に「ソラニン」(三木孝浩監督)、「ヒーローショー」(井筒和幸監督)などがある。

浅田美代子
東京都出身。 1973年、TBSの国民的テレビドラマ「時間ですよ」でデビュー。挿入歌「赤い風船」の大ヒットで一躍人気アイドルとなり、その年の日本レコード大賞で新人賞を受賞。その後も人気ドラマ「寺内貫太郎一家」に出演。 近年は、NHK朝の連続テレビ小説「さくら」(02)、NHK大河ドラマ「新撰組!」(04)、TBS「女系家族」(05)などのドラマで多彩な役柄を演じる。映画デビューは、73年「ときめき」。「しあわせの一番星」で初主演を飾る。91年の山田洋次監督「息子」では新境地を見せ、94年からは「釣りバカ日誌」シリーズに出演。映画界にも欠かせない女優となっている。

小林隆
1959年生まれ、埼玉県出身。 1988〜94年、東京サンシャインボーイズに所属。 主な映画出演は、「交渉人真下正義」(05)、「タイヨウのうた」「花田少年史」(06)、「アフタースクール」「私は貝になりたい」(08)、「サマーウォーズ」(声優、09)、「ステキな金縛り」(10)など。 フジテレビ「古畑任三郎」では向島巡査役を好演。 舞台「闇に咲く花」「屋上庭園/動員挿話」など。

池内博之
茨城県出身。 モデルとして活躍後、96年から俳優として活動を始め、06年「13の月」では初監督に挑戦。09年に上演時間9時間の超大作舞台「コースト・オブ・ユートピア」(演出 蜷川幸雄)に出演し、確かな演技力で観客を魅了した。 2010年も舞台「ヘンリー六世」(演出 蜷川幸雄)に始まり、「NODA・MAP ザ・キャラクター」(演出 野田秀樹)、「イリアス」(演出 栗山民也)と大型舞台3本に立て続けに出演。年末には映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の公開も控える。

古手川祐子
1959年生まれ、大分県出身。 1976年デビュー。以後、数々の映画やテレビドラマに出演。「駅 STATION」(81)「細雪」(83)「花の降る午後」(89)「陰陽師Ⅱ」(03)「理由」(04)「出口のない海」(06)「ホームレス中学生」(08)などがある。 近作ではNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が話題に。新作は「ふたたび swing me again」がある。

DVD情報

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

ばかもの

<<ストーリー>>ある晩、父親が忘れた財布を取りに行った店で19歳の大学生秀成(成宮寛貴)は、 そこの27歳の娘額子(内田有紀)に声を掛けられる。その後偶然アルバイト先で再会した二人は、 年上の額...

ばかもの(2011-01)

群馬県・高崎市。 地元大学に通い、気ままな生活を送るヒデこと大須秀成、19歳(成宮寛貴)は、近所のおでん屋「よしたけ」で店の女将(古手川祐子)の娘・吉竹額子、27歳(内田有紀)と初めて出会った。 ...
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ