忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『夕凪の街 桜の国』の佐々部清監督がノンフィクション小説「私、コスモの目になる」を映画化。三本木農業高校馬術部2年の香苗は、左目を患ったコスモと呼ばれる馬の担当になる。しかし、かつて名馬と謳われプライドの高いコスモに香苗は苦戦し…。

三本木農業高校、馬術部 ~盲目の馬と少女の実話~ [DVD]
 
菊池香苗(長渕文音)は三本木農業高校馬術部の2年生、タカラコスモス(通称コスモ)を担当していた。コスモはかつて馬術競技界で名馬と謳われたほどのサラブレッドであったが、左眼を患い三本木農業高校に引き取られた。左眼を患いプライドも高いコスモの面倒をみることに苦戦する香苗。自分の言うことを聞かないコスモに対して不満を感じ、バカ馬とすら言うようになる。そんな香苗であったが、ある日コスモの左眼の視力が大幅に悪化していることに気づく。眼の見えないコスモの苦しみを理解した香苗は献身的に世話をし、互いに気持ちが通じるようになってゆく。そしてコスモの出産、馬の死、厳しい練習などを通じて香苗は成長していく。厳しい顧問である古賀先生(柳葉敏郎)、先輩の帆乃夏(西原亜希)、同級生の陽子(森田彩華)と賢治(奥村知史)、後輩の高橋(小林裕吉)らとの関わりを通じて物語はより鮮やかに彩られていく。

amazon.co.jp 
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

「三本木農業高校、馬術部〜盲目の馬と少女の実話〜」

なかなか良いお話ではありました。実話だし
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ