忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-哀川翔×宮藤官九郎×三池崇史が贈る、進化したゼブラーマンワールド、登場!
ストーリー:ゼブラタイムが導入され、ゼブラクイーンの扇情的な歌声が鳴り響く、世の中に白黒つける都市・ゼブラシティ。すっかり様変わりした東京の路上で、市川新市はいきなり目覚める。AM5:00、強烈なサイレントとともにゼブラタイムが始まった!街はゼブラ灯が点滅し、白と黒の世界に。いきなり警官に発砲され、わけもわからず逃げ惑う新市。最後には胸を打ちぬかれ、意識を失う。きっかり5分、ゼブラタイム終了とともに朝日が昇り、普通の日常が動き始める。そこに白装束の男が現れ、新市をゼブラシティの外にあるコミューンに連れ去る。そこのリーダー・浅野は、新市を見て愕然とする。それは15年前に行方不明になった小学校の担任の先生、かつてエイリアンと戦い、地球を救ったゼブラーマン・市川新市だったのだから。だが、新市は15年間の記憶を全て失っていた…。
解説:2004年に劇場公開された『ゼブラーマン』の続編。主演×脚本×監督はもちろん哀川翔×宮藤官九郎×三池崇史。日本映画界にとってなくてはならない3人が、哀川翔デビュー25周年に再結集して製作された本作。舞台は西暦2025年、東京=ゼブラシティ。ゼブラタイム、ゼブラタワー、謎の遠心分離機、さらには、ゼブラクイーン・白ゼブラ・黒ゼブラなど、4体のゼブラーマンが入り乱れ、暴走進化する“ゼブラーマンワールド”!一体何が起こるのか、目が離せない。(作品資料より)
2010年5月1日より 丸の内TOEI1ほか全国にて公開
配給 : 東映
ジャンル : 邦画/アクション/ドラマ
製作年 : 2010年
製作国 : 日本
公式サイト

予告編
話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!ワーナー・マイカル・シネマズ
ワーナー・マイカル・シネマズワーナー・マイカル・シネマズ劇場案内劇場案内 あらすじ
西暦2025年。ゼブラタイムが導入され、ゼブラクイーンの扇情的な歌声が鳴り響くゼブラシティ。すっかり様変わりした東京の路上で、市川新市(哀川翔)はいきなり目覚める。時間はAM5:00、強烈なサイレンとともに“ゼブラタイム”が始まった。ゼブラ灯が点滅、街は白と黒の世界に変わり、新市はいきなり警官(ゼブラポリス)に発砲され、街中を逃げ惑うが、何が起きているのか理解できぬまま、胸を撃たれ意識を失ってしまう。5分後。ゼブラタイム終了とともに朝日が昇り、いつもの日常が動き始める。白装束の男が現れ、新市を連れ去っていく。そこは、ゼブラシティの外にあるコミューン“白馬の家”。ゼブラシティの犠牲者たちを匿い、自給自足の生活をしている彼らのリーダー・浅野(井上正大)は、新市を見て愕然とする。新市は、15年前に行方不明になった小学校教師で、かつてエイリアンと戦い地球を救ったゼブラーマンだったのだ。だが、新市は記憶がなくなっており、傷ついた心と体を癒すため、白馬の家でリハビリ生活を送ることになる。その頃、都知事の娘・ユイにしてスーパーアイドルのゼブラクイーン(仲里依紗)と側近の新実(阿部力)は、世界征服の野望を着実に進めていた。研究施設から忽然と姿を消したエイリアンを探し出し、もう一度地球上で暴れさせ、それを黒ゼブラとなったユイが倒すことで、地球を救うゼブラタイムを全世界に導入しようというのだ。ユイはそのエイリアンが白馬の家にいることをつきとめていた。そんな中、新市は、白馬の家で白黒のパンジーを育てる少女・すみれと出会う。だが、すみれと新市がふと触れ合った瞬間、新市の全身に戦慄が走り、体の一部にゼブラ柄が浮き出てくる。失った記憶が蘇る新市。同調するかのように、ユイの体にもゼブラ柄が現れる。白馬の家に一斉攻撃を仕掛ける新実率いるゼブラポリスと機動隊。地球の存亡をかけた“白と黒の戦い”がいま幕を開けた...。


スタッフ
  • 監督: 三池崇史
  • プロデューサー: 平野隆
  • 脚本: 宮藤官九郎

キャスト
  • 哀川翔
  • 仲里依紗
  • 阿部力
  • 井上正大

DVD情報

PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:

[映画『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』を観た]

☆夜勤明けの強行軍で午前中に観てきたので、短信でスマソ。  ・・・正直、俺には、そのテンポが合わない作品だった。  監督の三池崇史 と、脚本の宮藤官九郎の感覚の違いが、コメディなのに、その大事な笑いの「間(ま)」を完全に喪失させていた。

ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲

エイリアンを倒して白黒つけたゼブラーマンが再び立ち上がる異色ヒーロー映画の続編。西暦2025年、ゼブラシティとなった東京。そこでは、艶かしいゼブラクィーンの歌声の中、殺人OKのゼブラタイムが導入されていた。教師の市川新市は警官から発砲されて意識を失う。目覚め....

『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』 ゼブラーマンの待望の続編は…ここまでスゴいことに!

ブログネタ:GWに行こうと思っている映画・舞台・美術館 参加中 『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』 (C) 2010「ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲」製作委員会 にほんブログ村 丸の内TOEIの、初日舞台挨拶の回を観てきました♪ 舞

No.219 ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

前作のような、展開が好きだった・・・ これが見終わった感想だった。 前作では、小学校の学年主任がうだつのあがらない 毎日を過ごし、生徒や家族との会話も成立せず・・・ むなしい日々だったけど、唯一、自分の居場所となる ゼブラーマンのコスプレにより哀愁漂う姿...

「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」え~い!遊びすぎやわ!!

[ゼブラーマン2] ブログ村キーワード  “主演・哀川 翔×脚本・宮藤官九郎×監督・三池崇史”前作「ゼブラーマン」から6年。ムチャな大人が、奇跡の再結集!「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」(東映)。前作は“哀川 翔 主演100本目記念作品”でしたが、今回は“哀川 翔 デビュー25周年記念作品”。まあ何かと、アニバーサリーづいてますな。  ちなみに前作は、こんなお話でした…↓  ~2010年、横浜市八千代区。家でも学校でもパッとしない小学校教師・市川新市の誰にも言えない愉しみ。それは、昭和53年...

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

哀川翔主演100本記念作品となった異色ヒーロー・アクション 『ゼブラーマン』の続編。 前作から15年後の“ゼブラシティ”と名を変えた東京を舞台に、15年間の 記憶をなくした主人公・市川新市が記憶を取り戻すとともに悪の野望の 阻止に立ち向かう姿を描く。 前作同様、..

ゼブラーマン

 『ゼブラーマン―ゼブラシティの逆襲―』を渋谷TOEIで見ました。  主演の哀川翔の映画デビュー25周年にあたる年に制作された記念すべき映画ということで、5月2日の記事で申しあげたように、この映画をジャンプだとして、『誘拐ラプソディ』をホップ、『昆虫探偵ヨシダヨシミ』をステップとしてきたわけですから、何としてでも哀川翔を見なければと思い、いそいそと出かけてみたところです。 (1)実際に見ても、まずまずの仕上がりではないかと思いました。  前回の『ゼブラーマン』では、ダメ教師市川新市―哀川翔が扮します―...

別館の予備(感想199作目 ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 )

6月26日 ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10934006449/4276457c ハルヒの消失&パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉&告白& さ ...

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲(感想199作目)

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲は鑑賞で 結論は前作は観てないがクイーン目当て鑑賞だが
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ