忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PowerDVD 10 Ultra 3DPowerDVD 10 Ultra 3D
3D映像をブルーレイ高画質で!!コンシューマ向け再生用PCソフト!3D機能搭載。Blu-ray3Dタイトルの再生、動画ファイルやDVDを2Dから 3Dにリアルタイム変換。前バージョンから搭載のアップコンバート機能(SD画質HD画質に変換)も引き続き搭載。3D/HD時代のPC用ユニバーサルプレーヤーです。CPU/GPUに最適化され、快適な再生環境を実現。ストリーム形式動画のFlash(flv)やモバイル動画(3gp、3g2)等に対応。(※BD-3Dタイトルの再生、動画ファイルの3D化は後日リリースされるMark-IIにて無償アップグレード対応。)

PowerDVD 10 Ultra 3D

内容紹介
DVD、ブルーレイ、AVCHD、AVCREC再生にも対応した「PowerDVD」最上位版で、新機能3D再生機能は製品版として初搭載となる。*1 また、従来のSD画質をHD高画質と同等まで自動アップコンバートする機能にも対応。その他、新たにflvの再生や最新規格(CPRM、 HDMI1.3、 DTS-HD Master Audio、 Dolby True-HDほか)に対応するほか、ハードウェア再生支援機能も搭載。 *1 コンシューマー向けダウンロード/パッケージ製品として業界初。(2010年3月11日時点。当社調べ。)

3D再生機能を製品版初搭載!*1  
今年話題のブルーレイ3D再生に対応。さらに、DVDコンテンツやビデオファイルを2Dから3Dへリアルタイム変換するTrueTheater 3Dにも対応。*2*3 *1 コンシューマー向けダウンロード/パッケージ製品として業界初。(2010年3月11日時点。当社調べ。) *2 ブルーレイ3D機能およびビデオファイル3D機能は、2010年7月6日発表の「Mark-II」版への無償アップデートを適用することで対応可能となります。   無償アップデートはメーカーホームページにて入手可能です。 *3 3D機能をお楽しみいただくには、3D対応のディスプレイ、グラフィックカード、専用メガネが別途必要になります。

ふつうのDVDをHD品質にアップコンバート
人気機能 「TrueTheaterテクノロジー」 に引き続き対応で、DVDビデオやビデオファイルといったSD画質をHD品質にアップコンバート*します。ブルーレイ再生環境がまだ、という方でもお楽しみいただける機能です。 *アップコンバート機能:映像の解像度をより大きいものに変換する機能。 FLVも再生OK!様々なビデオファイル形式の再生に対応  PowerDVD10よりFLV、MKV、WTV、RM、RMVB、3GP、3G2 といった人気のビデオファイル形式の再生にも対応。 CPU / GPUへの最適化  Intel / NVIDIA / ATI 最新グラフィックチップセットへの最適化により、 ブルーレイ再生時のPCのパフォーマンスを向上させる。

その他注目の機能
新機能「MovieMark」で、DVDコンテンツで気に入ったシーンにレビューを記載したり、共有したり、好きなシーンをブックマークすることができる。また、新しくなったUIはコンテンツブラウザーを搭載し、PowerDVD内から直接お気に入りのコンテンツへのアクセスが可能になった。 さらに、音楽再生においてはプレイリストが作成でき、お気に入りの音楽をひとつのグループにまとめられるほか、アーティスト名、アルバム、曲の長さに合わせて並び替えることもできる。その他、HDMI1.3a対応、パススルー出力が可能で、HDオーディオを1本のケーブルで楽しめる。 *HDMITMを使用するためには、対応する機器とケーブルが別途必要です。
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

ただのDVDが3Dで観る事ができる

4年程前から、Windowsの環境ではPowerDVDをデフォルトプレイヤーとして使ってきましたので、今回の10 Ultraもすんなり使い始める事ができました。
特に今回は、NVIDIA 3D VISIONと連携して3D表示が出来るソフトという事で期待は大きかったわけです。

1:3D化出来るのは、市販のDVDビデオソフトのみで、動画ファイルには対応していない。
2:3D表示時に再生コントロールパネルが表示されないので、いちいち2Dに戻る必要がある。
3:2Dと3Dの切り替えに時間がかかる。
という3つの点で若干不満を持ちました。
3D深度の変更も見ながらする事ができず、お世辞にも快適な操作感とはいえないものでした。
もちろん、普通の再生ソフトとしては、何不自由なく利用出来るソフトです。
True Theater 3Dを使って3D化したDVDは予想以上にきれいに立体化されたので、これについての満足度はかなり高いと思います。
なので☆x4とさせていただきました。

先日(2010年7月)のバージョンアップでこの3点がほぼ解消されました。
嬉しいのが動画ファイルの3D化に対応してくれた事ですね。これによって、PowerDVDが対応する動画のファイル形式のものなら、なんでも立体視出来るようになりました。意外とこれが嬉しいんですよね。いろいろな動画を立体視してみると、面白いです。
もっと嬉しいのが3D表示時に再生コントロールパネルが表示されるようになった事です。
早送りや巻き戻しをすると、2Dに戻ってしまうのはこれまでと一緒なのですが、2Dと3Dの切り替えがほぼ瞬時になり、ストレス無く動画を楽しむ事が出来るようになりました。3D深度の変更も、実際に画面を見ながらリアルタイムで調整出来るようになって、ものすごく快適になりました。
バージョンアップ後に見てみると、ソフトの名前がPowerDVD 10 Ultra mkIIになってました。

良い事ずくめに思えるmkIIですが、細かい事を言えば、まだまだ改良の余地はあると思います。
mkIIへバージョンアップした場合、☆x4.5とさせていただきたいです。
再生コントロール時の早送り、巻き戻し時にも3D表示を崩さないようにレンダリングしてほしいとか、希望はまだありますし、3D表示にする時にいちいちモニターを選択しないといけないのもどうかと思います。
とはいえ、NVIDIA 3D VISIONを持っている人は、mkIIへバージョンアップする事を前提に買いの1本だと思います。

2Dから3Dへ

ただのDVDが3Dで観る事ができることに驚きです。
まぁ奥行きが生まれるだけと言えばそれまでかも知れませんが、今まで観た映画でも別物の様に感じる事ができました。
ただ私はブルーレイも3D再現できるものと感違いして購入したので、皆さんも気をつけてください。
フラッシュなども綺麗に再現してくれます。
始めてのpowerdvdの使用ですが大変満足しています。
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ