忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

母の日のプレゼント

私がまだ小学3年生の頃。

小遣いを貯めて、母の日に花をプレゼントした事があります。

その時の記憶を呼び覚まして、記事にしてみたいと思います。

私は学校から帰ると、すぐに制服を着替えて。

近くの花屋さんに向かいました。

目的は母の日のプレゼントを買うためです。

間もなくして花屋さんに着き。

お店の人に、「母の日のプレゼントを.....」と、はにかみながら言った。

お店の人も気を利かせてくれたみたいで、それ以上言わなくてもわかってくれました。

私のお小遣いは、確か...........? 2000円位だったと思います。

お店の人にお金を見せて、「これで買える分を下さい......」と言った。

お店の人もそれを見てうなづき、すぐに選んでくれて。

「その予算だとこんな感じですが、いかがでしょうか?」

私はその花を見て「わー綺麗!!」と、素直に喜びました。

お店の人も私の様子を見て、笑顔で応え。

私は喜んで2000円を支払いました。

その花を持って帰り。

そーと家の中に入り、気付かれないように自分の部屋に行きました。

そして夕食の時、母親に「母の日のプレゼント」と言いながら渡し。

母親は予想外の展開に、喜ぶよりも。

どちらかと言うと、びっくりしてました。

それからしばらくして母親も、状況を飲み込めたらしく。

軽くうなづきながら、「ありがとう」と言ってくれました。

私もほんとうに嬉しかったのを憶えています。

そんな母親も、私が高校生の時に病気で亡くなりました。

社会人になって思うことは、自分で稼いだお金でプレゼントをしたかったなぁー!!

これも叶わぬ夢です。

この記事を読んでいただいた人で、共感を覚えていただけるなら。

是非、今年は母の日に感謝の意味を込め。

花をプレゼントして上げてください。

少し照れくさいかも知れませんが、一生の思い出になりますよ。


母の日ギフトは4/30まで会員5%引




リンクシェア レビュー・アフィリエイト
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

こんばんわ

とても良い話ですね。
私の場合は父はもう亡くなっていませんが、
母は元気でして毎年母の日には花を上げてます。
自分も最初はちょっと照れくさくてあげにくかったんですが、
毎年喜んでくれますし自分も嬉しいですもんね。
今年も上げたいと思いますよ。

応援ポチ

無題

いつもありがとう~!!

母の日にプレゼント、いい話です感動しました!!

少ないお小遣いで、今は亡き母へのプレゼントの想いで(*⌒∇⌒*)

多分、天国のお母さんも花を抱いて見守っていると思います~o(^▽^)o

私も母の日に花をプレゼント、忘れないようにプレゼントします‥♪


応援しています

 ♪‥美咲‥♪

無題

もう母の日のことも
考えていかなきゃダメですね~><

今年は旅行に誘ってみようかなぁ
なんて思っています☆

応援ポチ☆
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ