忍者ブログ

感動と共に心に残る映画・シネマとおすすめの映画・劇場情報と映画DVDを紹介(劇場案内・前売券・劇場予約・作品紹介・DVD発売日・劇場公開スケジュール・予告編・解説・あらすじ)

HOME Admin Write
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あなたは私の婿になるスタッフ:監督: アン・フレッチャー、製作: デヴィッド・ホバーマン / トッド・リーバーマン、製作総指揮: アレックス・カーツマン / メアリー・マクラグレン / ロベルト・オーチー / サンドラ・ブロック、脚本: ピーター・チアレッリ、プロダクションデザイナー: ネルソン・コーツ、撮影監督: オリヴァー・ステイプルトン、編集: プリシラ・ネッド・フレンドリー、音楽: アーロン・ジグマン、衣装デザイン: キャサリン・マリー・トーマス
キャスト:サンドラ・ブロック ライアン・レイノルズ、ベティ・ホワイト、メアリー・スティーンバージェン、クレイグ・T・ネルソン オスカー・ヌニェス、マリン・アッカーマン


イントロダクション:カナダ人キャリアウーマンが永住権取得のため、米国人の部下に求婚したことから始まるラブコメ ディ。「デンジャラス・ビューティー」のサンドラ・ブロックが主演・製作総指揮を務めた。共演は「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」のライアン・レイノルズ。監督は「幸せになるための27のドレス」のアン・フレッチャー。
あなたは私のムコになる DVD+microSDセット情報

あなたは私のムコになる

amazon.co.jp

ストーリー:マーガレット(40歳)は、とある出版社の敏腕編集長として仕事に生きる独身女性。N.Y.のセントラルパーク近くのゴージャスなアパートに住み、ハイブランドのファッションに身を包んで日々キャリアを磨き、バリキャリ女子として誰からも一目置かれていた。一方、アンドリュー(28歳)は、編集者になるという夢をかなえるため、編集長のアシスタントとしてマーガレットから言いつけられる雑用に追われる毎日…。 ある日、会長に呼び出されたマーガレットは驚きの事実を告げられる。カナダ人の彼女はビザの申請を延ばし延ばしにしていたために「国外退去を命じられている」と!キャリアを守ることを最優先に考えた彼女はとっさに、ちょうど部屋に入ってきたアシスタント、アンドリューと「結婚します!」と宣言する。唖然とするアンドリューに「NOと言ったら、お互い失業よ」と言い放ち、平然と仕事を続けるマーガレット。アンドリューは甘んじてプロポーズを受ける交換条件として、自分を編集者に昇格するよう要求する。「キャリアを守るためにとにかく結婚し、すぐ離婚する!」マーガレットは、一刻も早く話を進めるためにアンドリューの実家のあるアラスカへと二人で向かう。ビジネスをこなすように、アンドリューとの結婚も事務的に済ませるつもりのマーガレットだったが、アラスカではアンドリューの家族と町の人々が二人の結婚を祝って大歓迎。家族として心から温かく迎えてくれる人々に、後ろめたい気持ちを次第に募らせていくマーガレットだった。

関連リンク
PR
この記事へのコメント
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
プロフィール
名前
劇場案内人 JUN
ホームページ
趣味
映画鑑賞
自己紹介
劇場のスクリーンで観る映画も迫力があって好きですが、自宅のテレビでくつろいで観る映画も大好きです。そんなくつろいだ時間に観られる映画を紹介出来たらいいと思います。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS
サイトポリシー Bookmark and Share
忍者ブログ
記事検索
東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
コクリコ坂から特集
世界遺産特集
Twitter
映画関連リンク
我想一個人映画美的女人blog

人気ブログランキングへ

TREview

ブログランキング・にほんブログ村

映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

LOVE Cinemas 調布

シネマトゥデイ
Copyright ©  -- シネマDVD・映画情報館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / Powered by [PR]
 / 忍者ブログ